電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

残業代請求を弁護士に依頼するメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月28日
  • 残業代請求
  • 残業代請求
  • 弁護士
残業代請求を弁護士に依頼するメリットとは?

会社に対して残業代請求をする場合には、自分だけで行う方法と弁護士に依頼する方法があります。費用面が気になる方は、なるべく自分だけで解決したい方もいらっしゃると思いますが、残業代請求の時効が差し迫っているケースや、会社がまともに取り合ってくれない場合には、弁護士に依頼すると交渉がスムーズに進む可能性があります。
今回は、残業代を請求する方法や弁護士に依頼するメリットをご紹介します。

1、残業代請求の3つ方法

残業代請求の方法は、主に以下の3つです。

  1. ①直接会社と交渉する
  2. ②労働基準監督署に申し立てする
  3. ③裁判をする


以下で、それぞれの内容を確認します。

  1. (1)直接会社と交渉する

    契約内容や証拠などをもとに、会社と直接交渉をする方法です。業務の詳細や残業代支払いが必要な理由などを提示して話し合いを行います。会社がきちんと応じてくれれば、もっともシンプルに解決できる方法といえますが、多くの場合は交渉が難航したり、法的拘束力がないためそもそも取り合ってもらえない可能性があります。

  2. (2)労働基準監督署に申し立てする

    会社のコンプライアンスを調査する機関である労働基準監督署に申し立てをして介入させる方法です。労働基準法違反が認められれば、会社は労働基準監督署から是正勧告を受けることになります。是正勧告を無視したり、是正報告書を提出しない場合は、書類送検されて、罰せられる可能性があります。

  3. (3)訴訟を起こす

    訴訟を起こして残業代を請求する方法です。判決には法的効力がありますから、残業代請求が認められれば残業代を支払ってもらうことが可能です。また、裁判所に未払いの残業代を請求する場合は、付加金の支払いを請求することが可能です。
    ※付加金とは……裁判所に未払いの残業代を請求するときに、未払い額と同額を請求できることをいいます(請求額が2倍になるということです)。なお、付加金をつけるかどうかは、裁判所が裁量的に判断するため、必ずしも認められるわけではありません。

    以上のように、会社が問題の解決に取り合ってくれるようであれば話し合いでの解決もできますが、ある程度強制力が必要な場合は裁判所での手続きも視野にいれた方がよいでしょう。

2、残業代請求を弁護士に依頼するメリット

次に、残業代請求を弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  1. (1)残業代請求を弁護士に依頼するメリット

    直接交渉する場合、自分だけで行おうとしても会社側がまともに取り合ってくれないことも考えられます。弁護士に依頼したことが分かれば、こちらが本気であることが伝わりやすいでしょう。

  2. (2)証拠収集や整理を任せられる

    残業代を請求するためには、証拠が必要不可欠です。そのためには、過去2年間分の証拠を整理することになりますので、非常に手間がかかりますが、弁護士に依頼することで証拠を整理する作業を弁護士に任せることができます。

  3. (3)今後の見通しを立てられる

    弁護士の経験に基づいて、今後どのような流れになるかなど、展開の見通しを立てることができます。見通しが分かれば、日々の生活との兼ね合いを見て、早い段階から残業代請求に向けた準備のスケジュール調整をすることができます。

  4. (4)残業代計算を任せられる

    会社との交渉をする場合は、いくら払ってほしいかを話し合いの内容に含めます。そもそも未払いの残業代がしっかりと計算できていないと、この金額を出すことができません。しかし自分で計算するとなると、その方法を正しく理解しておく必要がありますし、時間もかかります。弁護士に依頼すれば、証拠などの資料をもとに残業代の計算もしてもらうことができます。

  5. (5)法律に関する部分を任せられる

    残業代請求には労働基準法など法律に関する知識が必要です。訴訟を起こす場合は、その分精神的にも負担がかかります。また、ご自身が裁判に出頭できないご事情があっても、弁護士が代理人として裁判に出頭することが可能です。

    ちなみに、弁護士とともに司法書士への依頼を検討すされる方もいるかもしれませんが、労働審判や裁判を検討するのであればひとつ注意すべき点があります。労働審判をする場合や、請求額が140万円を超える場合、司法書士は代理人となることができず、出頭は自分で行わなければいけないという点です。一方、弁護士にはそのような制限はありません。

  6. (6)短期での解決が目指せる

    残業代請求の準備や交渉、裁判など、必要な部分で弁護士からサポートを得ることで、忙しい日々と両立して慣れないことを自分だけで行うよりも、短期の解決を目指すことができます。特に話し合いによって請求を行う場合、弁護士に依頼して交渉を行うことで、早期に解決する可能性もあります。

3、まとめ

ベリーベスト法律事務所では、残業代請求に関するご相談は無料でお受けしております。残業代請求の時効は2年ですので、弁護士に依頼して残業代を請求したい、まずはご自身で会社に対して残業代請求を行ってみたいという方のご相談もお受けいたします。残業代請求は、労働者の正当な権利ですので、諦めずに請求しましょう。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

北九州オフィスの主なご相談エリア

北九州市小倉北区、北九州市門司区、北九州市若松区、北九州市戸畑区、北九州市小倉南区、北九州市八幡東区、北九州市八幡西区、福岡市東区、福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市南区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、筑紫郡那珂川町、糟屋郡宇美町、糟屋郡篠栗町、糟屋郡志免町、糟屋郡須恵町、糟屋郡新宮町、糟屋郡久山町、糟屋郡粕屋町、遠賀郡芦屋町、遠賀郡水巻町、遠賀郡岡垣町、遠賀郡遠賀町、鞍手郡小竹町、鞍手郡鞍手町、嘉穂郡桂川町、朝倉郡筑前町、朝倉郡東峰村三井郡大刀洗町、三潴郡大木町、八女郡広川町、田川郡香春町、田川郡添田町、田川郡糸田町、田川郡川崎町、田川郡大任町、田川郡赤村田川郡福智町、京都郡苅田町、京都郡みやこ町、築上郡吉富町、築上郡上毛町、築上郡築上町にお住まいの方

ページ
トップへ